幽遊白書第1話のあらすじ

幽遊白書が2017年10月10日でテレビアニメ化25周年ですね!

いろいろとイベントも開催されるので楽しみです。

このページでは幽遊白書の始まりである第1話『死んだらオドロいた!』のあらすじ(ネタバレ注意)をお伝えします。

幽遊白書第1話のあらすじ

主人公の浦飯幽助は14歳で皿屋敷中学の2年生。

幽助は子供を助けて死んでしまうところからスタートします。

車にはねられて気がつくと自分が倒れているのを見て驚く。

何がどうなっているのか訳が分からない幽助は

今日の出来事を順を追って思い出していく。

ココから回想シーンです。

10日ぶりぐらいに登校した幽助。

竹中先生が幽助に指導室に来るよう放送で何度も呼びかけているが・・・。

幼馴染で同級生の雪村螢子は、屋上でさぼっている幽助を見つける。

幽助が指導室の竹中先生のところに行かないと学級委員の自分も叱られると説教するが!



こんな感じで屋上から出ていく幽助。

そして、物陰で話している2人の生徒の話が耳に入ってくる。

2人のうちの1人が街でからまれた時に

「俺は浦飯の従兄弟だ」

と言ったら財布ごと置いていったらしい。

ここに幽助が登場!

2人はビビって財布を差し出すが幽助は

「そんなもんいらねえよ」

と、お怒りのご様子です。

そこに、幽助を目の敵にする教師の岩本がやって来る。

岩本は落ちてる財布を見て幽助がカツアゲをしてたと思いこむ。

「このクズ野郎が!」

「貴様のような奴は学校に来る必要はない。」

「とっとと出ていけ!」

と罵られ、

「うるせぇよ、こっちの勝手なんだよ!」

と言い返し、生徒の2人を睨みつけて学校から出ていく。

が、校門を出たところで



竹中先生につかまる。

指導室に連れて行かれそうになるが、

なんとか逃げ出し、家に帰る。

しかし、母親に小言を言われ出ていく。

商店街を歩いていると、あの男とバッタリ!

そう、桑原和真だ。

幽助とケンカするが、リベンジならず。

“0勝156敗みたいです。”

そして、歩道で遊ぶ子供と出会います。

危ないから道路に飛び出すなよと注意をする。

その場を離れていく幽助だが、

子供が遊んでいたサッカーボールが道路に出てしまう。

そのボールを追いかけて道路に飛び出す子供!

そこにスピードを出している車が・・・。

幽助は子供を助けようとして車にひかれ

死んでしまったのです。

自分が死んでしまった事に気付いた幽助!

そこに霊界案内人のぼたんが登場します。

ぼたんに突っかかる幽助だが

道路に飛び出した子供の事が気になり様子を見に行く。

子供はかすり傷で無事だと安心した幽助は、

地獄でもどこでも連れて行けという。

しかし、ぼたんから

“幽助の死は霊界にとって予定外”なので、

生き返る為の試練を受けるかどうかを聞きに来たと言われる。

が、断わる幽助。

だが、ぼたんに、

「自分のお通夜でも見てじっくり考えな」

と言われる。

自分のお通夜に来た螢子や桑原や竹中先生、

そして、母親などの泣く姿を見て

生き返る為の試練を受けると決意した幽助だった。

幽遊白書の第1話はこれで終わりです。

第2話の

『霊界のコエンマ!復活への試練』

では、生き返る為の試練が!

第2話は、ハラハラ・ドキドキの展開ですよ♪

第1話の主な登場人物

浦飯幽助 / 佐々木望

雪村螢子 / 天野由梨

竹中先生 / 西村知道

桑原和真 / 千葉繁

ぼたん / 深雪さなえ

浦飯温子 / 沢海陽子

主題歌

◇ OP(オープニング)

微笑みの爆弾 / 馬渡松子

◇ ED(エンディング)1話~29話まで

ホームワークが終わらない / 馬渡松子

◇ ED(エンディング)30話~59話

さよならbyebye / 馬渡松子

◇ED(エンディング)60話~83話

アンバランスなKissをして / 高橋ひろ

ED(エンディング)84話~102話

太陽がまた輝くとき / 高橋ひろ

◇ ED(エンディング)103話~111話

デイドリームジェネレーション / 馬渡松子

◇ ED(エンディング)112話(最終回)

微笑みの爆弾 / 馬渡松子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする